その他

この記事で、子育てにかかる費用が分かる!400万の貯め方も教えます。

こんにちは、オガサワラ マコトです。

子育てにかかる費用ってどのくらいだろう?
そもそも子育ての費用ってなんだろう?
子育ての資金を確保する方法ないかな?

こんな悩みを解決できる記事を書きました。
なぜならわたしは、5歳と2歳の子育て中で、
実際にかかった費用をお伝えすることができるから。

この記事では、実際に子育てでかかった費用をまとめました。
また一般的に0歳~大学卒業までどのくらい費用がかかるのか。
どうやれば節約できるのか。大学の費用を確保する方法をご紹介。

記事を読み終わると、子育ての費用の不安はなくなります。

是非、最後までご覧ください。

目次

そもそも子育てにかかる費用の項目ってどんなのがあるの?

  • ベビー・子ども用品・衣類
  • 育児費
  • 保険・医療費
  • 幼稚園・保育園関係費
  • 幼稚園・保育園以外での教育費
  • おこづかい・お祝い行事関係費
  • 子育てのため、預貯金・保険

だいたい上記の分類に分けられる。

長男が出産から6歳までにかかった費用まとめ

出産の時にかかった費用

ベビー・子ども用品・衣類 年間10,000円
育児費 通院費 一回5,000円×12 60,000円(助成金を入れて)
出産の費用 440,000円(一部、助成金で返ってくる)
保険・医療費 0円
幼稚園・保育園関係費 0円
幼稚園・保育園以外での教育費 0円
おこづかい・お祝い行事関係費 0円
子育てのため・預貯金・保険 0円

合計 年間500,000円 月平均41,666円 出産一時金420,000円の収入
出産にかかわる費用が、ほぼすべてです。
出産の費用も助成金で返ってくるので、通院費がおもにかかっている。
なので夫婦、二人で暮らしているのとほぼ変わらず。
雑費は、子どもが産まれる前に、洋服を買うぐらいです。

0歳の時にかかった費用

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間36,000円
衣類 年間20,000円
育児費 年間240,000円
保険・医療費 0円
幼稚園・保育園関係費 保育園などには入っておらず0円
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 誕生日のスタジオアリス代 50,000円(アルバム購入)
子育てのため・預貯金・保険 年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)

合計 年間490,000円 月平均40833円 児童手当、年間180,000円の収入
児童手当の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で310,000円。

おむつ代が高かった。新生児~1歳までは一日におむつを変える頻度が多い。おしっこ・うんちをそのままにしておくと、肌がかぶれるため。
衣類は貰いものも多かったので、もっと安くなるかも。
育児費を240,000円にしたのは、食費や母乳パットなどのアイテム、出かけた際の離乳食など入れています。

1歳の時にかかった費用

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間36,000円
衣類 年間20,000円
育児費 年間260,000円
保険・医療費 保険には入っていない 医療費は助成により0円 (薬の容器などは何十円かかかっています)
幼稚園・保育園関係費 6か月は保育ママで、138,000円
残りの半年は認可の保育園に入れたので、86,400円
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 誕生日のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
子育てのため・預貯金・保険 年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)

合計 年間694,400円 月平均57866円 児童手当、年間180,000円の収入
児童手当の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で514,400円。

紙おむつ代は変わらず。
育児費が20,000円アップしたのは、保育ママでお昼にお弁当を持っていかないといけなかったから。
認可の保育園に入れたのは大きかった。そのほかの費用は大体同じ。

2歳の時にかかった費用

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間36,000円
衣類 年間20,000円
育児費 年間240,000円
保険・医療費 保険には入っていない 医療費は助成により0円 (薬の容器などは何十円かかかっています)
幼稚園・保育園関係費 保育園 年間172800円
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 誕生日のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
子育てのため・預貯金・保険 年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)

合計 年間665,800円 月平均55,233円 児童手当 年間180,000円の収入
児童手当の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で485,800円。

1歳のときとほぼ変わらず。
育児費も、保育園で給食があるので、20,000円削減

長男が3歳、次男が0歳の時にかかった費用

二人目の子どもが産まれました。
二人分の子育て費用をまとめました。

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間45,000円
衣類 年間25,000円
育児費 年間300,000円
保険・医療費 通院費 5,000円×12 60,000円(助成金を入れて)
次男の出産費用 440,000円(一部、助成金で返ってくる)
長男が川崎病で入院 15,000円
次男の頭の形が悪すぎたので、矯正ヘルメット購入 500,000円(保険適用外)
幼稚園・保育園関係費 3歳から保育料の無償化が始まり、 年間86,400円(無償化が始まる前の保育料)
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
長男のスイミングスクール 半年間48,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 長男のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
次男のスタジオアリス代 50,000円(アルバム購入)
子育てのため・預貯金・保険 長男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)
次男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく、保険信託で積立)

合計 1,863,400円 月平均155,283円 児童手当 二人合わせて年間360,000円の収入(長男3歳未満で計算)
出産一時金 420,000円
出産手当金 約350,000円の収入
児童手当、出産一時金、出産手当金の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で733,400円。

年間の子育ての費用が180万円超えている。
おもに出産関係の、費用と次男の頭の矯正が高くついている。

だけど出産の費用はの助成金(出産一時金)で相殺される。
また産休で会社を休んでいる方も助成金(出産手当金)が30万~35万ほど給付されます。
次男の頭の矯正代は、出産手当金から回しました。

おむつ代は相変わらず高い。長男がおむつから、パンツになったため、15,000円のアップで済みました。
スタジオアリス代が、ばかにならなくなってきました。
こどもの成長を写真館で残しておきたいので、ここは外せません。
次男の大学の費用の積立も始まりました。
児童手当を積立に回しています。
育児費も比例して高くなっております。

長男4歳、次男が1歳の時にかかる費用

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間36,000円
衣類 年間20,000円
育児費 年間320,000円
保険・医療費 保険には入っていない 医療費は助成により0円 (薬の容器などは何十円かかかっています)
幼稚園・保育園関係費 次男、保育園 年間141600円
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
長男スイミングスクール 年間96,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 長男のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
次男のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
子育てのため・預貯金・保険 長男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)
次男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく、保険信託で積立)

合計 年間937,600円 月平均78,133円 児童手当 二人合わせて年間300,000円の収入
児童手当の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で637,600円。
育児費が徐々に高くなってきている。
長男も成長するにつれて、ご飯をいっぱい食べるようになってきた。
児童手当も3歳以上になると15,000円→10,000円に減るのが痛い。
長男の幼児教育の無償化は本当にありがたい。
スイミングスクールも高い。しかしプールに通うと、長男のぜんそくが軽減するので、これも外せない。
衣類が安く抑えているのは、お下がりをもらっているから。衣類の年間20,000円もかかっていない気がする。

長男5~6歳の時、次男2~3歳にかかる費用

ベビー・子ども用品・衣類 紙おむつ代 年間30,000円
衣類 年間15,000円
育児費 年間350,000円
保険・医療費 保険には入っていない 医療費は助成により0円 (薬の容器などは何十円かかかっています)
幼稚園・保育園関係費 次男、保育園 年間141600円
幼稚園・保育園以外での教育費 こどもちゃれんじ代 年間24,000円
長男スイミングスクール 年間96,000円
おこづかい・お祝い行事関係費 長男スタジオアリス 七五三 50,000円(衣装レンタル代含む)
次男のスタジオアリス代 30,000円(アルバムに入れるだけのタイプ)
子育てのため・預貯金・保険 長男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく父の生命保険で積立)
次男・年間120,000円(大学の費用を積立 学資ではなく、保険信託で積立)

合計 年間976,600円 月平均81,383円 児童手当 二人合わせて年間300,000円の臨時収入

児童手当の給付金をマイナスにすれば、実質かかった費用は年間で676,600円。
2020年10月現在。長男は5歳、次男は2歳。年間の出資はおおよそです。
次男のおむつ代も徐々に減ってきてる。
長男のスタジオアリス(アルバム)は七五三をもって終了。

上記の金額は大体です。
ざっくりとした金額なのでご参考までに。
プラス、水道や光熱費、通信費、家賃、交遊費などがかかります。
長男ひとりの時は水道と光熱費を除いた生活費が月50,000円でした。
次男が産まれてからの、水道と光熱費を除いた生活費が月70,000円。
子どもの食費や衣類、おもちゃなどは、生活費から出しています。足りないときは、プラスアルファ加える感じ。

イベント時にかかった費用 内訳

誕生日 ケーキ 3,000円
プレゼント 3,000~5,000円
クリスマス ケーキ 3,000円
プレゼント3000~5,000円
サンタにもらうプレゼント 3000~5,000円
お正月 お年玉 3,000円~5,000円
他の子にあげる分 200,000円~300,000円
七五三 スタジオアリス撮影 50,000円(衣装込み)
神社のお参り 5000円
こどもの日 兜購入 50000円
旅行 年一行くか行かないか 家族4人 60,000円(宿泊費 移動費など)
ディズニー 年一 家族4人 35000円(チケット代込み)
ランドセル購入 30000〜50000円(会社の福利厚生でもらえるので0円)

 

一般的に出産から大学までかかる費用まとめ

出産までの費用

妊婦検診にかかる費用
健康保険が適用されない。
妊婦検診の補助券を使って、基本検査で3000円~7000円
特別な検査を受けると10000円~20,000円かかる。

出産費用

平均400,000円~500000円かかる。
引用 公益社団法人 国民健康保険中央会 出産費用の全国平均値、中央値より

保育園・幼稚園

私立幼稚園・公立幼稚園の学習費の年間の平均

区  分
公  立 私  立
学習費総額 223,647円 527,916円
うち学校教育費 120,738円 331,378円
うち学校給食費 19,014円 30,880円
うち学校外活動費 83,895円 165,658円

文部科学省 平成30年「子供の学習費調査」より作成

認可保育園

収入により保育料が変わる。
また居住地や子どもの年齢によっても、保育料に差が出てくる。
厚生労働省の地域児童福祉事業調査によれば、
保育料は、月平均が約20,000円でした。

認証保育園

京都認証保育所事業実施要綱4に定めるところにより、原則として、月220時間以下の利用をした場合の月額は、3歳未満児の場合80,000円、3歳以上児77,000円を超えない料金設定とすることとしています
東京都福祉保険局

子どもの月齢が少ないほど、保育料が上がる傾向にあります。
認可保育園より高いも高い。
認可と認証の違いは、認可は国が管轄しているのに対して、認証は都が管轄している。
東京23区の自治体によって変わりますが、補助金もあります。

認可外保育園

認可外保育施設は、児童福祉法上の保育所に該当するが認可を受けていない保育施設であり、認可外保育所とも呼ばれる。
平成14年から、設置には児童福祉法第59条の2による届出が必要とされる施設である。無認可保育所と呼称されることもある。
児童福祉法第24条による「その他の保護」を行う施設として公的に扱われる施設もある。
ウィキペディアより

月額の平均が50,000円~70000円ほどと言われている。
一部、幼児教育の無償化の対象になっている。

小学校

小学校の学習費の年間の平均

区 分 小学校
公 立 私 立
学習費総額 321,281円 1,598,691円
うち学校教育費 63,102円 904,164円
うち学校給食費 43,728円 47,638円
うち学校外活動費 214,451円 646,889円

文部科学省 平成30年「子供の学習費調査」より作成

中学校

中学校の学習費の年間の平均

区 分 中学校
公 立 私 立
学習費総額 488,397円 1,406,433円
うち学校教育費 138,961円 1,071,438円
うち学校給食費 42,945円 3,731円
うち学校外活動費 306,491円 331,264円

文部科学省 平成30年「子供の学習費調査」より作成

高校(全日制)

高校の学習費の年間の平均

区 分 高等学校
公 立 私 立
学習費総額 457,380円 969,111円
うち学校教育費 280,487円 719,051円
うち学校給食費 -----------円 ----------円
うち学校外活動費 176,893円 250,860円

文部科学省 平成30年「子供の学習費調査」より作成

大学

受験料

センター試験の3教科以上で18,000円。
2教科以下で12,000円。
国立大学の2次試験 センター(3教科以上)と合わせて35,000円。
私立大学は入試方法により受験料が違う。
センター試験を利用する場合は、センター試験+10,000円~20,000円。
遠方からの受験の場合、受験会場までの交通費や宿泊費が必要になる。
スタディサプリ参照

入学金

文部科学省の「私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納金等調査結果」によると

授業料 入学料 施設設備費 合計
国立大学 535,800円 282,000円 817,800円
公立大学 538,633円 393,618円 932,251円
私立大学 904,146円 249,989円 181902円 1,336,033円
私立短期大学 703,287円 241,836円 173,775円 1,118,898円
私立高等専門学校 700,744円 241,860円 94,186円 1,036,791円

上記は文部科学省による標準額です。

在学中にかかる費用

入学金を除いた金額がかかると思われる。

年間にかかる平均費用

授業料
国立大学 535,800円
公立大学 538,633円
私立大学 904,146円
私立短期大学 703,287円
私立高等専門学校 700,744円

大学4年間 短大・専門2年でかかる費用

授業料
国立大学 2,425,200円
公立大学 2,548,150円
私立大学 4,048,513円
私立短期大学 1,822,185円
私立高等専門学校 1,737,535円

他にも下宿代や交通費、交遊費がかかります。

教育の資金はどこから確保するの?

0歳から大学を卒業するまでの費用(保育料、授業料のみ)をおおむね計算すると(大学のみ私立)、約1000万くらいになります。
プラス食費などを入れると、子ども一人あたり約1500万~2000万かかる計算になります。
大学に関係する費用が一番高い。
どうやって大学の費用(約400万)を作るか。

家庭の貯蓄から

手取り給与から10パーセントを貯蓄にまわしましょう。
残りの90パーセントで生活をする。

なぜならば

確実に貯蓄が増えるから。
具体的に、手取り20万の世帯が10パーセントで2万ですね。
2万を18年間、貯めると430万貯まります。
これで大学の費用を作れます。

参考例

仮に1万の積立だとしても18年間で約210万貯まる。
大学の費用にあてるには、十分な金額になります。

10パーセントも貯める余裕がないよと、思われるかもしれませんが、
10パーセント貯められないようであれば、生活の水準を見直すべき。

給与が入った瞬間に10パーセント分、抜くことをおすすめします。
初めから90パーセント分しかないと割り切れば、なんとかやりくりして生活できるもんですよ。

お金を貯める方法まだあります。

児童手当から

ほとんどの人が、総額200万もらえます。
給付の期間は0歳~中学生まで。
児童手当を貯めるだけでも、大学の費用(約400万)の半分を作れます。

楽天カードで節約

水道光熱費や通信費、保険など。
クレジット決済できるすべての固定費を、楽天カードでまとめましょう。
理由は、楽天カードで支払うことで、毎月ポイントが貯まるから。

私の場合

毎月のクレジット金額が70,000円から80,000万くらい。
ポイントが1500〜2000ポイント貯まります。
ポイントを使って、クレジットの支払いを減らすことができます。

クレジットカードなんだか怖いな

クレジットカードって詐欺とかあって怖いでしょう?と思うかもしれません。
事実、スキミング被害にあっている方もいます。(スキミング被害とは簡単に言うと、クレジットカードの情報を抜き出して、勝手に使われること。)
しかし、セキュリティーは強化できますし、補償サービスもあるので問題ないかと。

年会費は無料、ETCカードなどは別途。
楽天カードの場合、常に入会キャンペーンをやっています。
2020年10月現在は入会&使用で7000ポイントもらえます。7000ポイント=7000円と等価。
作らない手はないかなと思います。

楽天カード

新電力会社に乗り換えて節約

新電力に乗り換えよう。
なぜならば、電気代が安くなるから。
わたしは楽天エナジーを使っています。
月の電気代が東京電力と比べると。400円~500円くらい安くなっている。

申し込みがめんどくさそう

申し込みって難しいんじゃないのかな?についてですが。
ネットから10分もあれば申し込みできます。

新電力会社はいろいろ増えているので、自分に合った会社を選んでみては。
例えばENEOS電気を使うと、ガソリンが安くなったり。

電気代は安くなる。

申し込みの手間はない。新電力に変えない、てはないです。
デメリットは、電気代の支払いがクレジットでないとダメな会社が多いこと。

新電力で人気のある会社の比較サイトを載せておきます。
電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

わたしが以前使っていてよかった新電力
ご家庭向け新電力【あしたでんき】

他にも
超格安電力サービス【エルピオでんき】

本当にいろいろあるので、自分にあった会社を探してみてください。

格安SIMに乗り換えて節約

格安SIMに乗り換えましょう。
理由は3大キャリアより、はるかに安くなるから。

具体的に

わたしは、auから楽天モバイルにしました。
auの通信費が毎月8,000円→楽天モバイル3,000円になりました。
なんと月5000円も削減しました。
妻も楽天モバイルにして、夫婦合わせて月8,500円の削減。
年間で102,000円も節約するこに成功。

しかも、楽天モバイルはキャンペーン期間だったため、一年間の通信費が無料です。
使い勝手も変わらず、もう3大キャリアには戻れません。

デメリットもあります。

3大キャリアから格安SIMにする場合、@auや@docomo、@softbankのキャリアメールは使えません。(解約するので)
なのでサイトの登録をキャリアメールで使っていた方は、Gmailなどフリーメールに変更しなければなりません。
けっこう面倒くさいですよね。

今持っている携帯を使って、格安SIMを契約する場合。
対応している機種なのかを調べる必要がある。

しかもSIMロックを解除しなければ、格安SIMは使えない。(SIMロックとは3大キャリアがケイタイ端末を他の会社では使えないようにすること)
また楽天モバイルに関しては、まだ電波の状況が良くありません。
UQモバイルやヤフーモバイルは電波ビンビンです。

固定費の削減になる

やっぱり格安SIM面倒くさいから、変えなくていいや、3大キャリアも大幅な値下げするって言うしと思いますよね。
確かに最初の移行は面倒くさい。だけど毎月の固定費を削減するなら、やる価値ありますよ。

3大キャリアが値下げしたとしても、格安SIMぐらい安くなるとは考えづらい。ニュースを見る限り5,000円くらい。
毎月の浮いたお金で美味しいもの食べにいけますよ。

いろいろな格安SIMの会社があるので、自分にあった格安SIMを探してみてください。
固定費も削減になるので、格安SIMに乗り換えましょう。
楽天モバイル
UQモバイル
Yモバイル

積立NISAの活用

積立NISAとは、
特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
金融庁

手取りの10パーセントや児童手当を、積立NISAにまわしましょう。
なぜ積立NISAを活用したほうがいいのか。

理由

積立NISAは国(金融庁)が作った制度で、国も推奨しているから。
また投資先の銘柄は、金融庁が選んでいるから安心して投資ができるから。
しかも年間40万円までは、非課税にになるから。
つまり積立NISAで運用すると、税金がかからないということ。

具体的に

0歳から大学の入学前までと仮定して、
手取り20万の10パーセント2万を18年間、運用した場合。(利回り3%)
なんと571万8807円貯まる計算になります。
普通に貯めていたら432万になります。

他にも

児童手当を積立NISAにいれた場合。
0歳から3歳未満は15,000円、
3歳以上は10,000円になるのをふまえて、月平均11,000円くらいを15年間(利回り3%)で
シミュレーション。

シミュレーション結果

249万6700円でした。
児童手当の一人当たりの総額が200万くらいなので、49万をアップした計算になります。
増えた分はもちろん、税金はかかりません。
金融庁 積立NISAシミュレーション参照
おおーすげー。
なんでここまで金額が増えるのかというと、
複利の効果が働いているから。

例えば

毎月2万円、年間12万円を積立とします。
年率の期待値が3%~4%ぐらいなので、
1年目、12万3600円なります。3600円アップ。
2年目、また12万円積み立てして、合わせて24万3600円になります。
3%を加算すると、25万908円に。7308円アップ。
3年目、また12万積み立て、合わせて37万908円の3%→38万2035円。1万1127円アップ。
と、複利の効果でどんどん貯まっていく仕組みになっている。

積立NISAって難しい?

なんとなく積立NISAこと分かったけど、難しんでしょう?学資保険でいんじゃないの?って思う方もいるとおもいます。
積立NISAを開設するには、証券会社の口座を持つ必要があります。
おすすめはネット証券がおすすめ。
なぜなら、手数料が安いから。
楽天証券だと、ポイントも貯まります。

手続きもすごく簡単にできます。銀行の口座を開設するのと同じ感覚です。
証券会社の窓口での、開設はおすすめしません。
手数料の高い商品を売りつけられる可能性があるから。

学資保険おすすめしません。

貯蓄をする目的なら、学資保険はおすすめしません。
なぜなら、利率が悪いから。

具体例

明治安田生命の学資保険を参考に

月の掛金15,970円
保険料の払込期間15歳まで
受取の総額300万。
単純に15,970円✖12カ月✖15年 287万4600円
差額は12万5400円のアップ

積立NISAでシミュレーションをすると。(年率3%)

月の掛金15,970円
15年の積立。
受取の総額362万4754円
287万4600円からの差額は、
75万154円アップ。
こんなにも違いがます。

子どもに保険をかけたいと思う方もいると思うので、

こくみん共済の「こども保障タイプ」を例に。
月々の掛金1,200円
加入期間15歳まで
保険料の総額 21万6千円。

積立NISAでの75万154円から21万6千円を引くと、53万4154円残ります。
それでも学資保険での利率(12万5400円)の差は、
40万8754円も差が出てしまいました。

学資保険は手数料が高い

学資の利率が悪い理由は、手数料が高いからです。
保険会社は給料を払わなくてはならないので、人件費などはお客の保険料から作らないといけないため。
結論、手取りの10パーセントや児童手当を、積立NISAにまわしましょう。

ふるさと納税で節約

ふるさと納税とは
「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。
ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
総務省

皆さんふるさと納税してますか?
結論、ふるさと納税で節約しましょう。
なぜなら自己負担2,000円(事務手数料みたいなもの)で、2000円以上の節約が出来るから。
ふるさと納税の特徴として、寄付すると返礼品がもらえる。

例えば

熊本の〇〇町が10,000円万の寄付でお米10kgの返礼品があったとします。

【ふるさと納税】 11年連続最高評価特A受賞 ひのひかり 令和2年産 新米 12kg(6kg×2袋) 【総合ランキング1位獲得】 熊本県産 白米 先行予約 令和2年 精米 定期便あり熊本県御船町《出荷時期をお選びください》
お米10kgを近くのスーパーで買うと、3000円くらいでしょうか。
ふるさと納税では2,000円を超えた寄付金が、税金の控除の対象になる。

つまり

今回の例では10,000円の寄付金のうち、自己負担は2,000円で残りの8,000円は税金が控除されます。
控除された分は税金を払わなくていいのです。
スーパーで買うと3,000円、ふるさと納税の自己負担2,000円で1,000円もお得になる。

楽天ふるさと納税でポイントゲット

また楽天ふるさと納税を活用すると、
さらにポイントがもらえる。

具体例

楽天カードの還元率によるが、私の場合9倍。
なので10,000円の納税に対して、900円分のポイントが付く。よって1,900円もお得になる。
お米10kgの消費が約1か月、2か月かかるとして、ふるさと納税を4回寄付すれば、
最大8カ月お米を買わなくて済みます。

簡単に計算すると

通常お米10kg3,000円✖4 12,000円
ふるさと納税 自己負担2,000円 楽天900ポイント✖4 3600円分ポイント
12,000円-2,000円 =10,000円+3600円分ポイント 13,600円のお得になりました。
夫婦で寄付すると、単純に2倍の27,200円になりました。
ディズニーいけちゃいますね(笑)
上記はあくまでも私の例ですが、
お得になることは間違いないです。
楽天カードの還元率についてはまた今度、説明します。

ふるさと納税にはいろいろな返礼品がある

ふるさと納税はいろいろな返礼品はがある。トイレットペーパーや洗顔料など。
日常で使う返礼品がおすすめです。
ふるさと納税での注意。
人によって納税できる上限が決まっているので、いくら寄付できるか調べてみる。
ふるさと納税のサイトから、簡単にシミュレーションできるので試してみてください。
楽天ふるさと納税
ふるさとチョイス
さとふる

確定申告が必要。

ふるさと納税を活用する際は確定申告が必要になります。
ここが一番めんどくさいですね。
条件つきですが、
寄付した自治体に、必要な書類を送れば、
税金の控除の申請は勝手にやってくれます。

ふるさと納税での注意

領収書などのあて名は、税金を控除する人の名前にする
これは特に気にする必要がない。
妻が寄付したのに、あて名が夫だと、妻が税金の控除対象になりませんよってこと。
なので、あて名は控除する人の名にする。

税金の控除は翌年です。

今年、寄付した分は、翌年の税金から引かれます。
例えば、今年のふるさと納税の寄付金の上限が5万。
上限いっぱいまで寄付すると、一時的であるものの5万円負担しなければならない。
翌年に自己負担2,000円を引いた、48,000円が控除される。
翌年に引かれるとはいえ、そんな余裕ないよって方もいると思いますが、
無理に上限まで使う必要はありません。しかし、上限いっぱいまで使ったほうが控除の金額を増えるのもまた事実なんですよね。

結論

ふるさと納税はお得になるので、活用しましょう。

助成金について簡単にまとめました

出産一育児時金

対象 健康保険の被保険者または被扶養者で妊娠4カ月以上で出産した場合。
支給額 1児につき42万円(死産の場合は39万)
全国健康保険協会 参照

出産手当金

対象

勤務先の健康保険に加入している
妊娠4カ月以降の出産である
出産のために休業している(出産予定日、以前42日、出産の翌日以後56日までが対象)
詳しくはゼクシィ保険ショップ
をご覧ください。

児童手当

支給対象
中学校、卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

支給額
児童の年齢 児童手当の額(一人あたり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上
小学校修了前
10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

一定の収入がある方は、児童手当はもらえません。特例給付として月額一律5,000円もらえる。

児童扶養手当

児童扶養手当とは、父母の離婚などで、
父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親)の生活の安定と自立の促進に寄与し、
児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。
(国制度)
東京都福祉保健局

特別児童扶養手当

20歳未満で精神又は身体に障害を有する児童を家庭で監護、養育している父母等に支給されます。
厚生労働

高等学校等就学支援金

国公私立問わず、高等学校等に通う所得等要件(注1)を満たす世帯(モデル世帯(注2)で年収約910万円未満の世帯)の生徒に対して、 授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。
文部科学省

幼児教育無償化

令和元年10月1日より
3~5歳クラスの幼稚園、保育所等の利用が無償になる。
詳しくは内閣府をご覧ください。

児童医療補助制度

自治体によって異なりますが、中学生3年生までの児童の医療費を助成してもらえます。
参照例 目黒区

お金がないと子育ては無理?

結論、無理ではありません。

理由はお金がなくても、人並みの子育てができるから。
また教育資金は、児童手当や積立NISAなどをうまく使えば、確保ができるから。

具体的に、

長男が産まれたとき、手取りが20万でした。家賃が7万くらい。貯金ほぼゼロ。
お金があるほうではないと思います。
贅沢は出来ませんでした。
子どもの洋服は貰いものも多いし。
夕飯も3日続けてカレー、シチューだったり。しかし、人並みの幸せは感じていました。
長男が笑うたびに、わたしたちは笑って。泣くたびにどうしようとアタフタして。

お金がなくてもやり方次第

お金がなくても、やり方次第だと思う。
でもお金がないと、旅行とか行けないし。あるにこしたことないでしょ?と思いますよね。
おっしゃる通り。お金はあったほうがいいですよ。
たまには家族で旅行に行きたいし、ディズニーだって行きたい。
児童手当などの助成金を、うまく活用できれば、旅行代にもできます。
収入を増やすなら転職もあり。わたしは転職しました。

結論

助成金などを活用すれば、お金がなくても子育てできます。

まとめ

最後までご覧いただき、まことにありがとうございました。
今回は少しボリュームが多かったと思います。
子育ての費用について執筆しました。
格安SIMに変えることで、固定費を見直し。大学の費用は積立NISAで確保したり。
子育ての費用について、少しでも参考になったら嬉しいです。

参考サイト
内閣府

公益社団法人 国民健康保険中央会

厚生労働省

Benesse マナビジョンLab

参考書籍

  • この記事を書いた人

おがまこ

こんにちは 小笠原誠でおがまこです。 このサイトでは、幼児教育や子育てについて発信しております。 2020年12月現在 5歳と2歳の子育て奮闘中です。 子育ての悩みやを解決できるようなサイトを目指します。 なおいまは、こどもちゃれんじについて発信しております。 幼児教育で迷っている こどもちゃれんじってどうなの? と参考になることが多いので是非ご覧ください。 今後もよろしくお願いします。

-その他
-

© 2021 おがまこの幼児教育ブログ Powered by AFFINGER5