その他

子育ての名言集(一瞬で元気になる。私もつらい時は名言に頼ります)

こんにちは、オガサワラマコトです。

子育てで聞きたい、名言はないかな
子育てがつらいけど、元気がでる名言ってなにかな
子育てが頑張ってるから、励ましてほしい

そんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

なぜならば、私も子育てがつらいとき、
名言と格言を見て、心がスッキリしたから。

 

わたしがいいなと思った、子育て中に聞きたい著名人の名言を集めました。

 

また、子育てがつらいとき、イライラするとき、
励ましてほしい、元気がでる、名言を集めましたのでご紹介いたします。

 

この記事をみることで、子育てがつらい気持ちが解消され、
また頑張ろうと気持ちになります。
すぐ読めるので、よろしければ最後までご覧ください。

子育て中に、聞きたい名言

子供たちは、批評より手本が必要である
ジョセフ・ジュベール(フランスの随筆家  Wikipedia )

「子は親の鏡」といいますよね。親が笑顔だと、子どもも笑顔になる。
逆に親が携帯ばかり見ていると、こどもも携帯ばかり見るようになります。

子供にとっては親の生き方こそが最高の教材になります。
子供は「親の言う通りにはしないが、親のする通りにはする」からです。

ジョセフ・マーフィー(牧師  Wikipedia )

こどもに「パパすごい」と思わせるような、生き方をしたい。

甘えない人が自立するのではなく、甘えていいとき、じゅうぶん甘えた人が自立するのです
出典 子育てハッピーアドバイス

子どもが「抱っこして」と言ってきたら、抱っこしてあげましょう。
抱っこクセがつくから、抱っこしないは嘘です。
抱っこは子どもにとって、気持ちの良いことです。

焦りが子供の本来の輝きを見失わせてしまいます。子育ては競争ではないんです。
周りのみんなと同じペースじゃなくてもいいし、先に行かなくてもいい。

つるの剛士(俳優 Wikipedia

周りと比べる必要ないですよ。
私たちは私たちらしく。
そもそも、子育てに正解はないです。
何が正しくて正しくないのか、子どもと付き合う中で、徐々に見えてくる。
子どもが産まれた瞬間、ママパパは、子育て1年目。
なにが正解なんて分かるわけありません。

贅沢をさせる必要はないけど、
親の不仲が理由で子どもをさびしい気持ちにさせちゃダメ

マツコ・デラックス(コラムニスト Wikipedia

子どもにとって、親がケンカしてるって嫌ですよ。
すごく寂しい気持ちになります。
ママパパには笑顔でいてほしいのです。

子育てがつらい時に、聞きたい名言

考えるな、寝ろ
野々村由紀子
出典 強く生きていくために

子育てってどうしてもイライラするので、
何も考えずに寝たほうがいい。
寝不足もイライラの原因のひとつです。

どうしてもこどもを愛せない場合もある。自分を責める必要はありません。
出典 子育てハッピーアドバイス

子育てをしていくと、子どもを愛せない瞬間はあります。
言うことは聞かないし、「保育園の時間だよ」と言っても、ダラダラ。
「あー!もーっ!」つい怒鳴ってしまう。
だからといって、自分のことは責めないで。
「私ってなにやってもだめだな」そんなことありません。
子育てをしてるだけでも、大変なんですから。
貴方は最高な方です。

どうしてもつらい時は逃げなさい。
出典 子育てハッピーアドバイス

子育ては逃げたい、瞬間が多くあります。
本当につらい時は、逃げてもいい。
もっと自分のこと、大切にしてほしい。
世の中のママたちは、頑張り過ぎです。

私は私いいんだ、この子はこの子でいいんだ
出典 子育てハッピーアドバイス

他人と比べる必要なんてありません。

大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる。
よしもとばなな (小説家 Wikipedia

子育てでのイヤイヤ期は、本当につらい。
なにがつらいか。
言うことはきかない。なにやってもイヤイヤ。
暴れる。お皿は「ガシャン」とする。
子育てを辞めたい瞬間が山のようにあります。
でも、そんなイヤイヤ期もずっとあるわけではない。

今の状況がどれほど苦しく、救いのないものに思えても、それを変える道が必ずあることを
分かってほしい。

アンソニー・ロビンズ(自己啓発作家 起業家 Wikipedia

道はひとつではない。
幸せに続く道があるはず。

子育てでイライラした時に、聞きたい名言

どんな時も、目の前にいるのは愛する人だということを忘れるな。
野々村由紀子
出典 強く生きていくために

子育てはいらいらするし。こどもは生意気だし。
でもこどもは愛おしい存在ですよね。

赤ちゃんは母親を選んでくる
池川明(池川クリニック院長)

子どもは親を選べないというけれど、
「このママだったら大丈夫」と思って産まれてくるのかも。

がんばる貴方へ、励ましの名言

子が宝なら、母親も宝
出典 子育てハッピーアドバイス

自分のこと、責めてないですか、嫌ってませんか。
子どもは大事。でも貴方も同じぐらい大事なのです。
自分のことも考えて。

失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。
ウォルト・ディズニー(アニメーター、実業家 Wikipedia

わたしに言われてる気がします。
子育ては失敗がつきもの。
失敗したら、そこで気づきがあり、「次は失敗しないようにしよう」となりますよ。

上を向いて歩こう
坂本九(歌手、俳優 Wikipedia

沁みますね。
時には下を向いたっていんです。
下を向いて歩かないと、転びますから。

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性があるひとにしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

イチロー(プロ野球選手 Wikipedia

さすがイチローさんですね。
なんか頑張れる気がします。

人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。
しかし、それは自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。

ベートーヴェン(作曲家、ピアニスト Wikipedia

こどものイヤイヤ期も、力強く戦うと、勝利しますよ。
勝利とは、こどもを寝かせたときです(笑)

元気がでる、名言

万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たな風は必ず吹く。
松下幸之助(松下電器産業 創業者 現パナソニック Wikipedia

時には自分を追い込むことも、必要なのかもしれません。
追い込む過ぎても、よくないですよ。
たまには頑張らず、休んでください。

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを
受け止めた上で、それを捨てればいい。

スティーブ・ジョブズ(アップル社 創業者 Wikipedia

常に行く先は未来だから、過去にとらわれないことが重要。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
トーマス・エジソン(発明家 Wikipedia

すごくポジティブ。
成功するためには、行動の回数も必要ってことですね。

人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。
手塚治虫(漫画家 Wikipedia

自分はだめ、と思わないで。
もっと自分を信じて。それが自信に繋がります。

成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、
成長の分岐点であると考えています。

羽生善治(棋士 Wikipedia

子育ても「本当にこれでいいのかな」と思うことはあります。
だけど自分のやっていることを、信じて一歩一歩すすむことが重要ですね。

わたしはこの言葉に、助けられた

桜梅桃李(おうばいとうり)

桜梅桃李(おうばいとうり)とは、桜、梅、桃、李(すもも)のこと。転じて、それぞれが独自の花を咲かせること。 Wikipedia

子育ての時ではないですが。
私が大学時代のこと。
就職活動がうまくいかず、
「自分ってなんてだめなんだろう」と自己嫌悪になった時期がありました。

面接の帰り道、気晴らしに、駅直結の大型の本屋に寄りました。
なにもあてもなく、うろうろしてました。

ことわざのコーナーだったか。
4段ラックの上から2段目、右から4番目の本が、ふと目に止まった。

中身をパラパラ見ると、桜梅桃李(おうばいとうり)と言葉があったのです。
「桜梅桃李ってなんだ?」と意味を読み進めてみると。

桜には桜の花が。梅には梅の花。桃には桃の花。すももにはすももの花が咲く。
つまり人それぞれが、素敵な花咲かせることができるということ。

他人と比べなくていいのです。
わたしは「桜梅桃李」の4字熟語が好きになりました。
「自分は自分らしくあるがままに」を胸に刻み、元気を取り戻したのでした。

まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。
子育ては大変で、イライラします。
この記事で少しでも、元気がでて頂ければ嬉しいです。
赤ちゃんが産まれて0歳 ママパパは子育て1年目。
多くの失敗をすると思いますが、あかちゃんも、親も一緒に成長するものですよ。

参考書籍
子育てハッピーアドバイス
強く生きていくために

一緒に読みたい記事
子育てってなんでイライラするの?

子育てで後悔した10のこと

  • この記事を書いた人

おがまこ

こんにちは 小笠原誠でおがまこです。 このサイトでは、幼児教育や子育てについて発信しております。 2020年12月現在 5歳と2歳の子育て奮闘中です。 子育ての悩みやを解決できるようなサイトを目指します。 なおいまは、こどもちゃれんじについて発信しております。 幼児教育で迷っている こどもちゃれんじってどうなの? と参考になることが多いので是非ご覧ください。 今後もよろしくお願いします。

-その他
-

© 2021 おがまこの幼児教育ブログ Powered by AFFINGER5