その他

子育てって孤独になりがち。誰でも出来る孤独感の解消法をご紹介します。





こんにちは、オガサワラ マコトです。

・孤独ってどういうときに感じるのかな。
・その孤独感を解消する方法あるかな。
・子育てを楽しむコツってあるかな。


そんな悩みを解決、できる記事を書きました。

なぜなら、私は現在5歳と2歳の子育て中で、

子育てにおいて、孤独を感じたときがあったから。

この記事では

  • どんなときに孤独を感じるのか。
  • どうして、孤独を感じるのか。
  • 孤独感の解消法を紹介いたします。
  • またこんな名言で救われた、子育てを楽しむコツなどをご紹介いたします。
  • 記事を読んだあと、孤独について客観的に分かるようになります。

そして、子育ての孤独感が少しでも和らげれば幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

子育てで孤独と感じている方は、半分以上もいる

ミキハウス ハッピー・ノート・ドットコム

どんなときに、孤独を感じるのか

子どもと自分だけが、家にいるとき

こどもがまだ、しゃべれないと孤独を感じるかも
少しでも、お散歩にいけると孤独感が軽減します

公園などで話し相手がいないとき

これは私もありました。
他の仲良いグループを見ると、なんだか孤独を感じました。
そんなときは、子どもと全力で遊びましょう。

パパが協力的でないとき。

現代における、深い闇ですね。
子育てがつらいこと、協力してほしいことを伝えるしかないです。
それでも協力的でなければ、専門家に相談してみて。

近所に子育てしている人が、いないとき

子育てに理解がない人だと、つらいかもしれません。
日頃からこどもと挨拶して、子育てをしている認識をさせれば、多少は理解してくれるでしょう。

必要以上に子どもを、叱ったとき

そうゆうときも、あります。
わたしもそうでした。
「なんでイライラしているのだろう」と自分に問いかけてみてください。
イライラの原因が分かり、イライラが軽減されます。

孤独を感じるのは、なぜか

・「自分は誰にも受け入れてもらえない」と思っている。
・「自分には誰も助けてくれる人、がいない」とおもっている
・「間違った思い込みをしている」

メンタリストDaiGoさんの言葉を借りると、

友達がいないことが孤独の原因ではなく、自分のことを認めてくれる人がいないと思ってしまっている自分の間違った思い込みが孤独感というネガティブな感情を生み出しているわけです。

メンタリストDaiGoさん オフィシャルブログより

「私は良い母親でいなければならない」「あの方が言っているからきっとそうだ」など、
そもそも良い母親の条件なんて、わからないですし、
子育ての先駆者の言っていることが、正しいとは限りません。
わたしはわたし。あるがままでいんですよ

孤独感の解消法

自分と向き合う

孤独感があれば、自分と向き合うチャンスかも
理由は、自分と対話することで、孤独なのか、孤独ならどうしたいのか。
冷静に判断できるから。
だから、孤独を感じたら、自分と向き合うべきです。

買い物にいって、気分転換する

たまにはお買い物して、ストレス発散することがいいですよ。
気分が落ち込んでいると、ネガティブ思考になりがち。

友人の意見を聞くor遊ぶ

誰かに話を聞いてもらうだけでも、
孤独感は解消されるのでは。

好きな食べ物を食べる

美味しいもの食べて「これ美味しい」と思えば気分スッキリ。
スーパーで1,200円くらいする、シャインマスカットを食べるんです。旦那には内緒で。

外に出る

ネガティブになったら、一旦外に出て、深呼吸しましょう。
悪い気が、外に出ます。
悪い気をだす意味では、ため息も悪くありません。

バイアスを回避する

バイアスとは、先入観や思い込みのこと。
孤独感を感じる方は、先入観や思い込み、固定概念が強いのかも。

なぜならば、先入観や思い込みが上手くいかなかったとき、
「私ってなにやってんだろう」と思ってふいに孤独感が強くなるから。

有名な方の本だから、と全て真似する必要はない

この有名な本に子育てのやり方が書いてあったから、完璧に真似しないとなど。
子育てには、いろいろやり方があります。本は参考にする程度にしましょう。
抱っこにしても、抱っこが嫌いな子、好きな子がいる。

子どもは、子どもそれぞれ

子どもそれぞれなので、その子に合った育児が正解に近いと思います。
先入観や思い込みが必ずしも、悪ではないですが、加減が大事です。
だから、ネガティブな先入観や思い込みをなくそう。

この言葉で、救われた

私は「桜梅桃李」という言葉に、励まされました。
意味は
桜は桜の花が、梅には梅の花が、桃は桃の花が、すももにはすももの花が咲く。
つまり人それぞれが、綺麗な花を咲かせることが出来るってことです。
十人十色と同じような意味ですね。桜梅桃李のほうが響きが格好よかったので、こっちのほうが好きってだけです(^^♪

名言についても記事書いてますのでよろしければ、どうぞ。

 

子育てを楽しむコツ5つ

こどもの話を聞いてあげる

こどもは話したがり屋。
こどもが「あのね」や「きいて?」と話かけてきたら、「うんうんそうだったのね」と子どもの
話を聞いてあげましょう。
こどもはこどもなりに考えているので、新しい発見がみつかるチャンスですよ。

こどもに思いっきり甘えさせてあげる

こどもはいつまでも甘えたいのです。
こどももストレスを感じますから、ギュッと抱きしめてあげてください。
そんな甘えた姿は今しか見れません。親もかわいいこどもの姿を楽しんでくださいね。

こどもと一緒に笑う

「笑う門には福来る」
まさにその通りです。ママパパが笑っているとこどもも安心します。

ありのままの自分でいること

他と比べなくてもいいんです。

比べたところでどうにもなりません。
わたしはわたしと思えば、少しは気がらくになりますよ。

今が一番たのしいとおもう

みなさまの思春期だったころを想像してみてください。
反抗していた方が多いのではないでしょうか?
わたしはすごく反抗してました。

親になって分かることですが、ご飯食べさせたり、オムツ変えたり、
あんなに手がかかったこどもが親離れするって寂しい感じがしますよね。
だからいま、子育て大変なことも、手がかかることも。
一番たのしいと思えば、子育ても楽しく思えるのではないかと思います。

子育て相談窓口

「厚生労働省」の電話そうだんの窓口

行政の子育て支援のホームページ

「いこーよ」全国の子育て支援をしている場所を検索できます。

 

まとめ

最後まで見て頂きまして、ありがとうございます。
子育ては孤独を、感じやすいとおもいます。
孤独を感じた時は、一度外に出て、深呼吸するのもいいですよ。
子育ては大変ですが、無理するところは、無理をして。
休めるところは、休んで下さいね。

参考サイト
メンタリストDaiGoさん オフィシャルブログより

ミキハウス ハッピー・ノート・ドットコム

  • この記事を書いた人

おがまこ

こんにちは 小笠原誠でおがまこです。 このサイトでは、幼児教育や子育てについて発信しております。 2020年12月現在 5歳と2歳の子育て奮闘中です。 子育ての悩みやを解決できるようなサイトを目指します。 なおいまは、こどもちゃれんじについて発信しております。 幼児教育で迷っている こどもちゃれんじってどうなの? と参考になることが多いので是非ご覧ください。 今後もよろしくお願いします。

-その他
-

© 2021 おがまこブログ Powered by AFFINGER5